近鉄エンジニアリング 社員の声

CASE.3

大阪本社|設計1部2G

プラント配管設計エンジニア

龍谷大学院 理工学研究科 環境ソリューション工学専攻/ 2014年入社

趣味・マイブーム

休日はよくフットサルをしています。最近ではゴルフに興味があり、はじめてみたいと思っています。
家にいるよりかは、外に出て体を動かして気分転換しています。

現在の職務内容は?

現在は環境設備の設計やプラントの配管設計を行っています。お客様から来る基本設計を元に、詳細設計を製作していきます。
プラントの配管設計には、配管の知識だけではなく建築や土木の関わりがある為様々な知識が必要になります。それらの知識を使い、どのようにすれば完成図になるかを考えながら作業を進めていきます。

この会社に入社して良かったところは?

近鉄エンジニアの設計フィールドはFA機器、鋼構造、発電プラントといった幅広い分野ですが、自分の興味がある分野に関してはとことん追求していける環境が整っているので、スキルを伸ばす事が出来ます。
また季節毎にイベントがたくさんありますので、普段なかなか話せないような方と話せたりします。毎年行われるボウリング大会では豪華な景品が出たりするので楽しみの一つでもあります。

仕事でやりがいを感じたことは?

入社して2年目ではまだまだ大きな仕事は任されないですが、プラントなどスケールが大きいもの程関わる人数も増えていきますのですべての図面を完成させた時に達成感は大きいです。
経験を積むごとに深く関わる事ができると思いますので、今以上の達成感を感じられると思います。

仕事でのこだわり・心がけていることは?

基本的にはCADを使い仕事を進めていきますので、一人での作業時間が多いと思います。
しかし作業を進めていくうちに一人では出来ない事や分からない所が沢山あります。その時はすぐに上司の方や先輩方に聞くようにしています。
そうする事で進捗状況も把握して貰えますので、仕事が間に合わないという事がなくなります。また、他の部署の先輩方とも積極的に話掛けたりしてコミュニケーションを取るように心掛けています。

将来の夢は?

私は大学時代に環境工学、水処理を専攻している関係で、環境プラント設備に興味がありました。
今はまだ知らない事が沢山あり先輩方にアドバイスなどを貰いながら日々勉強していますが、水処理プラントの配管設計をしてみたいと思います。
また国内だけでなく海外のプラント配管も設計してみたいと思います。

先輩、上司からひとこと

配管設計は経験学とよく言われますが、実際その通りだと感じています。
机上の学習だけでなく現場へ赴き、機器やプラントの特性を知ることが必須となります。
特に配管設計者は工事現場へ行く機会が多く、試運転まで立ち会えるケースもあり体験学習がし易い環境ともいえます。
ひとつのプラント設計が1年に渡ることもあり、自身が苦心して設計したものを実際に現場で目にしたときの達成感を味わえるのも魅力です。

他の先輩の声を見る

  • FA自動機設計エンジニア

  • FA自動機設計エンジニア

  • プラント配管設計エンジニア

  • 大型荷役運搬機械設計エンジニア

  • 塔槽設計エンジニア

  • プラント設備設計エンジニア